[正直レビュー]日本で流行るか!?VALORANTの良いとこ悪いとこ

valorant-introduction-eyecatch

待望のリリースとなった「VALORANT」。

今回は筆者がプレイしてみて感じた「Valorantの良いところとイマイチなところ」と、「Valorantが今後与えるであろう影響」を紹介する。

はじめに

valorant-release

2020年6月2日、「Valorant」が待望のリリースとなった。

2020年4月7日からもベータ版が配信され、一時期「Twitch」では100万を超える同時視聴者数を記録していた。(Twitch歴代最高記録)

ライアットゲームズのタクティカルシューター「VALORANT」CBT、Twitchでの視聴者数が160万人超え
 4月8日(現地時間4月7日)、ライアットゲームズが2020年夏に発売予定のPC用タクティカルシューター「VALORANT(ヴァロラント)」のCBTが海外向けに開始された。

またesportsとしても高い注目を集めていて、ベータ版配信の時点で日本や世界のesportsチームが「Valorant」用のプロチームを結成している。

それな「Valorant」が遂に日本でも公式にプレイできるようになったのだ。

今回は筆者がプレイしてみて感じた「Valorantの良し悪しと、それを踏まえた「Valorantが今後与えるだろう影響」を紹介していく。

どんなゲーム?

世界最強のesportsタイトル「League of Legends」の開発元である「Riot Games」が提供する「FPSゲーム」だ。

そのイメージは「Counter-Strike: Global Offensive」×「Overwatch」と言える。

つまり、戦略的FPS×能力系FPSということだ。

公式のゲーム概要⇩

世界中のプレイヤーが集う戦いの舞台、『VALORANT』。ラウンド中は復活なし、スパイク(爆弾の様なモノ)の設置と解除をかけて戦う13ラウンド先取の5v5タクティカルシューター。銃と弾薬以上に重要なのが、エージェント(キャラクター)の選択だ。それぞれが持つ順応性、迅速さ、威力を備えたアビリティーを駆使し、ガンプレイを輝かせよう。

Valorant公式

公式のどんな感じのゲームか分かる動画⇩

良い点

プレイへのハードルが低い

notepc

必要スペックがかなり低めである。

なんとノートパソコンでも、プレイ可能なのだ。

最低スペック

  • Intel Core 2 Duo E8400
  • Intel HD 4000

推奨スペック

  • Intel i3-4150
  • Geforce GT730

あったいいなスペック(本当の意味での推奨)

  • CPU: Core i5-4460
  • GPU: GTX 1050 Ti

やり込み要素が多い

valo-yoko

マップ、武器、キャラクター把握に始まり、効果的な射線の作り方や能力の使い方、壁抜きの仕方などなど

やり込み要素はかなりある。

操作が比較的簡単!!

PUBG、Fortnite、R6Sなどに比べると、主に使用するボタンの数は少ない。

その為、初心者でも慣れやすさはあるだろう。

しかし、エイムやリコイルには少し癖があるかも・・・

初心者ガイド⇩

ライアットの新作FPS「VALORANT」ってどんなゲーム? 初心者が気をつけるべき3つのポイント
 ライアットゲームズの新作FPS「VALORANT」が本日正式リリースを迎えた。「リーグ・オブ・レジェンド」を開発したライアットゲームズが手掛けるとあって,多くの人が注目しているタイトルの1つだろう。そこで今回は本作の基本システムを含めて,どういったゲームなのかを紹介していきたい。

能力やキャラクターがカッコイイ

中二心をくすぐる様なデザインをしている。

私的にはグッド。Apexよりは好き

能力もかなりシンプルではあるが、カッコイイ。

チート対策がしっかりしている

『VALORANT』のチート対策:なぜ、なに、どうやって?
アンチチートリードのPaul Chamberlainが、『VALORANT』のチート対策の内容や必要性についてご説明します。

チートはタイトルを衰退させる主な要因の一つだ。

数々のタイトルが憂き目にあってきた。

ここがしっかりしてれば安心して推せる!!!

カスタムマッチが誰でも利用できる

valo-custom

意外に重宝するだろう。

esportsプレイヤーやより高みを目指すものにとっては、より強い相手と確実に戦えるカスタムマッチがあることは便利だ。

大会も開き易そうだ。

イマイチな点

5人のメンツを集めるのが難しい

boy

ゲーマーじゃない限り、5人のプレイヤーを集めるのは骨が折れる。

幾らスペックが軽いとはいえ、PCゲームをやっている日本人の友達を探すのは難しい。

ボッチに優しくない。何故だ。

配信開始1日で既に野良の民度がゴミ

mindo

まさかとは思ったが終わっていた。

負けそうになると離脱する奴、暴言を吐くやつ・・・

ネットゲームは基本的にそんなものだが・・・早すぎるよ(笑)

こういった所を早く治していかなくては、何時まで経っても「日陰者の遊び」と後ろ指さされてしまうのだ。

スパイク(爆弾)設置場所が固定されているので、メタが構築されやすい。

マップごとにスパイク(爆弾)の位置が固定されているので、戦略やポジションが限られてしまう可能性がある。

それではタクティカル要素が少し薄くなってしまうような・・・・

これは最終的に飽きやすさに繋がりかねない。

個人的には、R6Sの様に何か所か移動した方が面白くなりそうと感じた。

13ラウンド先取は正直長い。

pocket-watch

4ラウンド先取のモードもあるが、スタンダートはどうやら13ラウンド先取らしい。

正直長い。半分でもいいくらいだ。

展望

意外と伸びない視聴者数(もちろん多い方だけど)

valo-population
Twitchの「Valorant」視聴者数遷移

公式リリース後の初動、「Twitch」と「Youtube」の同時視聴者数は、意外にも伸びていない。

ベータ版の最後の頃、かなり視聴者数が減っている。真新しさを抜いた純粋な関心で「Valorant」を視聴する層はこの数字になりそうである。

少し先行きが不安な印象だ。

特にFPSは基本的に流行らない日本では、思ったよりは流行らない気がする。

それは想定よりも「ガチガチにFPS」だったからだ。

能力の使用もあるが、正直おまけに近い。

積極的なesports展開

大会はもう開催されるらしい。勢いがヤバすぎる。

esports業界はかなりの勢いで「Valorant」に突撃してしまっているので、肩透かしを食らわないかが非常に心配ではある・・・・

とは言え、私たちが「Valorant」どう盛り上げるか次第でいくらでも風向きは変わるだろう。

事実、ゲームとしてはかなり面白いのだから。

PCゲームの伝道師になってくれ

esports

散々言ってきたが、かなり面白いと本当に思っている。

おかげで少し寝不足である(笑)

私が切に願うことは、これを機にPCゲームに人々が触れることを望む。

それが日本のesportsの発展に繋がると考えているから。

筆者から一言

でも、PUBGの方が面白い。

タイトルとURLをコピーしました