[随時更新]Fortnite/PUBG/ApexLegendsカスタムマッチ情報まとめ

br-custom-match-eyecatch
スポンサーリンク

「Fortnite」「PUBG」「Apex Legends」「カスタムマッチ(プライベートマッチ、トーナメントマッチ)」について、「何が出来て、何が出来ないのか?」「利用するにはどうすればいいのか?」をまとめてみた。

カスタムマッチ(プライベートマッチ、トーナメントマッチ)とは

pubg-customatch

超絶簡単に言うと、プレイヤー自身が自由に試合を作ることができるモノだ。(勿論制限はある)

  • 参加者を限定する
  • アイテムスポーン率を調整する
  • 色々な視点で撮影する

    ・・・などなど

多くのesportsの大会は、このモードを使用している。

なお、ゲームタイトルにより「カスタムマッチ」「プライベートマッチ」「トーナメントマッチ」と呼び方が異なるので注意が必要だ。

Fortnite

Fortnite logo

プライベートマッチで出来ること

ルームを作り参加者を集うなど、必要最低限のプライベートマッチとしての機能は持ち合わせているが、他では使えても「Fortnite」では使えない機能もある。

プライベートマッチを行うには

詳細は以下の公式を参照してほしい。

プライベートマッチをホストするには
該当なし

重要ポイント

  • プライベートマッチを開催できるライセンスが必要。
  • ホストとプレイヤー全員が同じ地域でプレイしていること。
  • ストームや武器のドロップ率は調整できない。
  • 神視点はEpic主催の大会でしか”絶対に”使用できない。(プレイヤー視点の切り替えは可能)

▼天から見下ろすことができることから「神視点」と呼ばれる

カスタムマッチ-神視点

ライセンスを手に入れるには

1つが、コミュニティでイベントを開催するごとに「イベントライセンス」を申請する方法。

もう1つが、「クリエイターサポートプログラム」に承認してもらい、あとはひたすらライセンスが発行されるのを待つ方法だ。

Epicのクリエイターサポート
クリエイターの皆さんは、ゲーム内でプレイヤーに応援されると報酬を受け取れます。今すぐ登録しましょう!

2020年5月28日現在、「クリエイターサポートプログラム」の新規申し込みは停止している。

クリエイターサポートプログラムの申請条件

  • 少なくとも1つのメジャーなソーシャルプラットフォームで、フォロワーが1,000人以上いること
  • アフィリエイト契約書に同意しクリエイター行動規範を遵守すること
  • Epicがサポートする形式で支払を受け取れること

SNSフォロワーは、TwitterやInstagramのフォロワーはもちろん、YouTubeのチャンネル登録者数も含まれる。

Fortniteのプライベートマッチは意外にハードルが高い。

PUBG

カスタムマッチで出来ること

esports-mode-pubg
  • 多種多様なモードを選択できる。
    一般的な「ノーマルモード」、リスポーン有りの「WAR MODE」、エンタメ性の高い「ゾンビモード」、公式大会の設定でプレイできる「eスポーツモード」がある。
  • ルール設定も自由に設定できる。
    アイテムスポーン率、ブルーゾーン設定、レッドゾーンの有無など
  • 神視点や視点切り替えが可能。(難しいが・・・)

カスタムマッチを行うには

pubg-custom
  • ソフト購入者は利用出来る(Steamで3,300円)
  • 最低参加人数は4人(恐らくオブザーバー抜きの人数)
  • 動画や配信で散見される「1vs1」は、公認のプレイヤーのみが利用できる模様

PUBGのカスタムマッチのハードルは非常に低い。

Apex Legends

apex

トーナメントマッチで出来ること

このようにトーナメントマッチは大会や練習に使うことが出来る。ある程度規模のある大会とそのスクリムで開設されることが多い。

トーナメントマッチに参加するには、Apex Legendsで一定の認知度もしくは、実力が必要だ。トーナメントマッチを開催する以前に、トーナメントマッチに触れること自体非常に難しいのだ。

カスタムマッチを行うには

現状、トーナメントマッチを開催できる人は日本では見当たらない。

一般に解放されるには、もう少し時間がかかりそうだ・・・

最後に

大会

各ゲーム会社にとっては難しいことかもしれないが、esportsを盛り上げる為には、カスタムマッチの普及は必須だ。

人々が大会に馴染み、切磋琢磨できる環境となりえるからだ。

より広く、より多くの人がカスタムマッチに触れられることを筆者は望む。

タイトルとURLをコピーしました