Mixerが終了!! Ninjaやshroudなどストリーマーはどこへ?

mixer-over-eyecatch

今回は「Mixer」の終了を受け、「Ninja」や「shroud」といった配信者たちの動向を特集する。

はじめに

2020年6月23日、「Microsoft」が運営するライブ配信プラットフォームである「Mixer」が2020年7月22日をもってサービスを終了することが明らかになった。

現「Mixer」のコミュニティは「Facebook Gaming」への移行される運びとなった。

今回は「Mixer」の終了を受けた配信者たちの動向を特集していく。

Mixerとは

mixer-logo

2019年には、最大手ライブ配信プラットフォーム「Twitch」の人気ストリーマー「Ninja」「Shroud」を引き抜いた事により、大きく注目された。

あわや「Twitch」、「Youtube」、「Mixer」のライブ配信プラットフォーム三国志になると思われていたが・・・・・

「Mixer」は伸び悩んだ。

growth-1

配信者たちの今後

⇩「Ninja」と「shroud」の「Mixer」移籍に関しては、こちらから。

Ninja

ninja

現在、「Facebook Gaming」からのオファーを断ったと言われている。(交渉金額はMixer移籍時の倍との噂)

「Mixer」から受け取った契約金は$30M(約32億円)だ。

また、「Mixer」閉鎖後に「Twitch」のアカウントが更新された。

ninja-twitch
VALORANTの記述が追記された。

「Twitch」に戻ってくるのかと期待されているが、どうなるかは分からない。

何故なら「Twitch」との契約が「Ninja」のブランドを成長させるに当たって融通が利かないものであったことも「Twitch」を去った理由の中に含まれていたからだ。

shroud

こちらも「Facebook Gaming」からのオファーを断ったと言われている。(交渉金額はMixerの時の倍らしい)

「Mixer」から受け取った契約金は$10M(約11億円)だ。

特に目立った動きはないが、実は彼、登録者625万人の「YouTubeアカウント(主に切り抜き用)」も持っている。もしかしたら、「YouTube」の可能性もなくは無い。

もちろん「Twitch」に戻る可能性の方が高いが・・・

ストリーマー同士の助け合い

「Mixer」ストリーマーの殆どが先行きに不安を抱えている。配信プラットフォームの移行は非常に難しいものだからだ。人気を上げることはもちろん、維持することも困難だ。

そこでなんとも温かいストリーマー間での助け合いが起きている。

たくさんの奴らが収入源を無くし、他のプラットフォームに移ることになるだろう。もしその渦中にいるんだったら、新しいストリームのリンクと説明をリプライしてくれよな。みんな、リプライをチェックしてサポートしてやってくれ。

新しいホームを探しているMixerのストリーマーはいないか?

お前の新しいtwitch/fb/youtubeのストリームをリプライしてPRしてくれ! 俺に最高に面白いクリップを見せてくれよ。

やるなら今だ。自分を売り込め。

「Twitch」「YouTube」「Facebook Gaming」など、他のサイトの大物ストリーマー達が、自身のブランド力を広告塔として彼らに宣伝の場を設けた。

また、「Ninja」夫婦は一部のMixerストリーマーに多額の寄付をした。

今日までストリーミング中に泣いたことがなかったよ…。@JessicaBlevins @Ninja ありがとう! 俺たちコンテンツクリエイターを信じてくれた人たちありがとう!

勉強とバイトをしながら、週に40~60時間ストリーミングに打ち込んでいたんだけど、そのほとんどが全滅してしまったと知って、打ちひしがれたわ。

今日はとにかく多くの人を笑顔にしてくれてありがとう @JessicaBlevins .

あなた方夫婦は、正真正銘一番の太っ腹よ。

金額よりもその「気持ち」が彼らの大きな励みになったことは間違いない。

タイトルとURLをコピーしました