社内イベントにeスポーツが人気!! 【でも大きな落とし穴が!?】

eyecatch-esports-event-important
スポンサーリンク

今回は社内イベントとしてのeスポーツの可能性と実施の際に注意しておきたい点を簡単に紹介します。

はじめに

pc-game

コロナ禍が長引き、色々なイベントが延期になっています。こうした中で新しいイベントが模索されつつあります。

今回はそんな中でもオンラインのイベント、特にeスポーツのイベントを実施したいというお声を最近お聞きすることが多くなりましたので、そちらについて解説していきたいと思います。

各イベント開催企業様でもeスポーツを企画するサービスのなかで参考となれば幸いです。

社内イベントに「eスポーツ」の可能性

esports

社内イベントにeスポーツは必要でしょうか?

結論から言ってしまいますと必要だと考えます。

昨年からのコロナの状況でイベント開催が出来ず、在宅勤務が増えてきている企業様も多いと思います。そのため、何らかの社内イベント企画を推進されているかと思います。

野外のイベントなどを模索される場合もあるかと思いますが、結局人が集まることにリスクが発生します。

このように考えますと、オンラインで開催できるイベントが一番リスクなく行うことができると思います。

オンラインイベントで最も参加者が楽しめるのが

eスポーツだと思います。

  1. オンラインでのプレイ可能なので、自宅からでもイベントに参加できる
  2. オンラインイベントの中でも、実際にプレイヤーとして参加できるので、能動的にイベント参加ができる
  3. 「ゲーム」という幅広い層に関心がある題材なので、個人に限らず、ご家族、同僚、部署など、多くの人が楽しめるイベントが作成できる
  4. 実際の大会の様子を配信すれば、「視聴する」という楽しみ方が増え、更にアーカイブ化すれば、記録としてもイベントの様子を残すことができる。

では、どのようなeスポーツを実施したら良いのかを次に解説します。

eスポーツのゲームタイトルは多種多様!!

winner

eスポーツは「スポーツ」と言えど、スポーツ関連のゲームに捕らわれる必要はありません

参加者が平等な条件下で楽しく競い合うことができれば、それはeスポーツだと思います。

特に以下のようなゲームタイトルで実施することがオススメです。

例:同僚向けのイベント

Apex Legendsは日本で特に人気です。
また、価格が無料なので手軽にプレイできます。

例:家族向けのイベント

Fortniteは幅広い年齢層に人気があるので、家族大会や個人大会の両方に対応できます。
こちらも価格が無料なので手軽にプレイできます。

例:個人向けのイベント

Fortniteが幅広い年齢層に支持されているので開催しやすいです。

例:部署向けのイベント

Rocket Leagueは多くの人が平等な条件で競うことができるタイトルです。
部署対抗戦などが開催できたら面白いですね。

イベント開催の大きな落とし穴

tian

さあいよいよイベントを開催しようと考えます。

ですが、ここで大きな問題が立ちふさがります。

それはeスポーツを開催するための端末をどうするかです。

一見すると簡単な問題かもしれませんが、ここには大きな問題があります。それを順に説明します。

1.会社支給の端末を使用できるのか?

security

会社支給の端末は会社の情報システム部門から支給されているため、セキュリティシステムが入っている場合が多く、簡単にインストーラーなどを使ったインストールができません

ですので、まず会社支給の端末を使う場合は情報システムに稟議を通す必要があります。

esportsDOGAの場合は、そういった情報システム部のバックグラウンドも熟知していますので、お客様の環境に沿った対応が可能です。

2.個人端末を使用する場合は?

note-pc

では、個人端末で実施すれば良いとなりますが、個人で持っていない場合もあります

そのため大会に参加できないケースがあります。

また、「個人所有の端末機器を会社のイベントで使用するのはいいのか」という部分も議論する必要がありますね。

3.会社支給のスマートフォンを使用する場合は?

smartphone

会社支給のスマートフォンなどを使えばよいのでは?

となりますが、こちらもMDMなどで管理されており、ホワイトリスト登録やブラックリスト解除依頼を情報システム部に依頼する必要があります。

こういったMDMについてもesportsDOGAは詳しいです。

4.会社支給端末の最大の落とし穴

会社支給の端末で実施する場合の最大の落とし穴、それは巨大なファイルサイズのゲームをダウンロードする際の帯域制御にあります。

帯域制御と聞いてピンと来ないかもしれませんが、例えばフォートナイトをやろうと思った場合を考えてもらえれば話は早いです。

ある朝に会社支給の端末にフォートナイトを配ってインストールを実施した場合、みんなが一斉に巨大なファイルをダウンロードすることで、社内イントラが使えない事態に陥る可能性があります

フォートナイトのファイルサイズは36Gbyte程度あります。
1人当たり100Mbps使ったとしても50分程度ダウンロードに時間がかかってしまいます。

この1人で100Mbpsを使うというのはかなり危ない設計になります。

インストーラー後の後続ダウンロード制御を考えて設計しないと大変なことになってしまいます。

スマートフォンでダウンロードさせる場合には、通信料なども同様に注意する必要がありますね。

esportsDOGAは、株式会社アーザスでのMECMの経験から、最適にインストールさせるタイミングなど非常に社内事情に詳しいです。

最後に

espo

社内イベントにeスポーツを取り入れることは、非常に良いことだと思います。

ただ、その場合、如何にして安心安全に参加してもらえるかという部分を考慮する必要があります。

もし、社内向けeスポーツイベントの設計に困った時など、ご相談事があれば何なりとアーザスにお問い合わせください。

eスポーツイベントの企画・運営 | 株式会社アーザス
新型コロナ禍の中、 何もイベントができないと 困っていませんか? eスポーツのオンラインイベントなら大丈夫。 感染のリスク無く、開催できます。 イベント会場ではなく、自宅から。 どれだけ離れていても参
タイトルとURLをコピーしました