OBSの不具合はバージョンのダウングレードで解決!! やり方を簡単に紹介!!

スポンサーリンク

今回はOBSの不具合を解消する一つの方法として、バージョンの「ダウングレード」を紹介します。

はじめに

winner

昨今では、一般の個人でもライブ配信をすることが容易になりました。

こういった場合でよく使用されるのは「OBS」というソフトです。無料で利用できるにも関わらず、配信に必要な要素は一通り揃っていて、カスタマイズも多岐に渡ります。

Open Broadcaster Software | OBS
OBS (Open Broadcaster Software) is free and open source software for video recording and live streaming. Stream to Twitch, YouTube and many other providers or r...

ただ、そんなOBSも使っていく中で、「ソースが上手く反映されない」「音声にノイズが混じるようになった」など様々な不具合に直面するがあります。

今回はこうしたトラブルを高確率で解消できる方法として「ダウングレード」を紹介します。

ダウングレードが必要な場合

ダウングレードは、バージョンアップ(アップデート)以前までは問題なく使えていたが、以降に上手く機能しなくなった場合などで最も効果的です。

理由がない場合は最新のバージョンに即上げるのは止めておこう。

特にメジャーアップデートほど慎重に!!

ダウングレードの方法

ダウングレードのやり方を簡単に紹介します。

ダウンロード選択

「ダウンロード」を選択します。

以前のリリースを選択

「以前のリリース」を選択します。

Assetsを選択

多くのバージョンの中から、自分の現状のバージョンより前のモノを見つけます。

現在のバージョンは下記の画像の場所で確認できます。

見つけたら「Assets」を選択します。

「Pre-release(事前リリース)」と「Latest(最新)」も存在するので、これは避けよう。

希望するバージョンをダウンロード

OSに合ったものをダウンロードし、適用しましょう。

以上で完了です。

最後に

前のバージョンに戻すことで不具合が解消されることは多々あります。

急にOBSに不具合が発生した時などは、今回の手順を試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました