ゲームの画像って使って大丈夫なの? 規約や著作権を調べてみた。

eyecatch
スポンサーリンク

今回はゲームのタイトルやキャラクターなどの画像をYouTubeやブログで使用することは問題ないのかを調べてみた。

はじめに

warning

YouTubeやブログを視聴者により分かりやすく伝えるには、目で見て理解できる画像を使用することが一番効果的である。

しかし、画像にも当然規約や著作権が存在する。

そこで今回は特にゲームというジャンルに絞り、画像を使用するためのルールを「企業ロゴ」「タイトルやゲーム内要素」の2つの観点から紹介する。

調査対象

Esports Tiers in Japan 2020 — 配信技研
(追記:2021/01/30)
Q3 2020’s Most Impactful PC Games: League of Legends’ Dominance Remains Undisputed, COVID-19 Policies Continue to Upset the
For the sixth quarter in a row, Riot Games’ League of Legends was the most impactful PC game. Being the

上記のティア表にランクインしている海外と日本で特に関心を持たれ、また多くの人に視聴されているタイトルとそのパブリッシャーに焦点を当てた。

調査企業

  • Electronic Arts
  • Epic Games
  • Riot Games
  • Valve
  • Ubisoft
  • Activision Blizzard
  • 任天堂
  • CAPCOM

調査タイトル

  • Apex Legends
  • Fortnite
  • League of Legends
  • CS:GO
  • Rainbow Six Siege
  • Call of Duty
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
  • Street Fighter V

企業ロゴの使用

各社サイトの記載、または問い合わせてみた結果、今回調査した8社の全てで企業のロゴは使用できないことが分かった。

その理由としては、特にサムネやアイキャッチなどに使用される場合、コンテンツに対して企業が公式に許可を出しているように誤認される恐れがあることが挙げられる。

実際インターネット上では、こうした企業のロゴやトレードマークの画像は色々なところで出回っているがその多くは許可を得ている訳ではない。

タイトルやゲーム内要素の使用

gray

タイトルのロゴやトレードマークに関しては非常にグレーである。

厳密にそれらの使用を禁止する文言もないが、許可する文言もない。ただ、全ての企業でタイトルロゴをそのコンテンツや企業を貶めるような形で使用することは禁止されている。

また、ゲームを使った動画投稿や配信などが許可されている場合は、自身がゲーム内で撮影したスクリーンショットなどは使用しても問題ないと考えられる。

Electronic Artsの場合

問い合わせた結果、コンテンツや会社への誹謗中傷など不適切な利用でないならば、ブログなどでの利用で許可を取る必要はないとの事だった。

しかし、第三者の権利も関与しているコンテンツに関しては、別途確認は必要。

公式が素材を提供している場合

Activision Blizzardのタイトル、League of Legends、VALORANT、Fortniteは公式がAsset Packとして、実際に使える素材を配布している。ただ、これにも使用する際には細かな決まり事が存在する。

Activision Blizzard

Activision | Press Center
Blizzard Press Center - Press releases
Best known for blockbuster hits including World of Warcraft® and the Warcraft® , StarCraft®, and Diablo® franchises, Blizzard Entertainment, Inc...

⇩注意事項

Activision | Terms of Use
Blizzardのウェブサイト利用規約 - 法務表記 – Blizzard Entertainment
Blizzardの法務表記とユーザー契約を表示。

League of Legends & VALORANT

リーグ・ディスプレイ
HD画質のスクリーンセーバーや壁紙をあなたのデスクトップに。
VALORANT: ライアットゲームズによる、キャラクター要素と競技性を備えた5v5対戦型タクティカルシューター
新たな戦いの舞台がライアットゲームズから登場。『VALORANT』はキャラクター要素と競技性を備えた5v5の対戦型タクティカルFPSです。精確なガンプレイとキャラクター固有の能力が融合する『VALORANT』の詳細をご覧ください。

⇩注意事項

法務表記

Fortnite

Box

⇩注意事項

Epic Games | Fan Art Policy
We develop cutting-edge games and cross-platform game engine technology!

終わりに

お辞儀

調査結果から分かったことは、ゲームプレイの動画投稿や配信同様に、YouTubeやブログでのゲームタイトルやゲーム内要素の画像使用もグレーであるということだ。

そんな中で我々は使わせてもらっているので、企業やタイトルに対しての配慮は忘れてはならない。

タイトルとURLをコピーしました